酒と映画とケンカの日々

日々の生活を趣味である酒や映画等の話題を織り交ぜながら綴りたいと思います
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 娼婦ベロニカ | main | どこまでいっても怒られる私 >>

リアル版激突

 1971年、スティーブン・スピルバーグが監督した「激突」というドラマを御存知だろうか?
そのドラマの内容は、一人の男性が車を走らせている時のハイウェイでのちょっとした行為がきっかけとなる。
その行為とは何かと言うと大型トレーラーが安全運転といえば聞こえが良いがひどくノロノロ走行だったので男性は追い越したのである。
その追い越しの行為が悲劇の始まりでした。
トレーラーはその男性を執拗に追いかけ、命さえ奪おうとするのだった・・・。

先日、相方からいつものように帰るメールを受け取りました。
しかし、そのメールを受け取ってからも全然相方が帰って来ない。
電話してみると、話中。
何となく、何となくではあるが嫌な予感がしました。
すると、しばらくしてから相方から電話がきました。
「もしもし?」
という相方の声が尋常でない事はすぐに分かった・・・。
相方が少し興奮した様に話し出した話とは・・・
相方がいつもの様に車を走らせていると相方の前に割合スピードを出す車がいました。
相方は車間距離をかなり長く保つ人なので、その前の車もはるか彼方に消える筈だった・・・のに、なぜかドンドン相方と距離が縮まっていきます。
何で?答えは簡単。
前の車はえらくスピードを落としてノロノロ運転し出したのだ。
さすがに、そこまでノロノロになると若干ではあるが前の車と相方の車の距離は近くなってしまった。
そして、相方の後続車がゾロゾロ続いていくのでした。
用心深い相方は、今まで割合スピードの速かった前の車が突然、ノロノロの亀車に変化した事に不審感を抱きました。
このまま、この車の後ろでいるのに抵抗感を感じた相方は直進しようとしていた道を右折したのです。
その時、前の車は直進するつもりだったらしく、相方とその亀車はお互いに何かを意識しあったのではないか・・・と振り返って相方は言っていました。
相方が右折すると何と!!直進する筈の亀車がいきなり右折してきたのです。
その後も相方が右に曲がれば亀車も右。
左に曲がれば亀車も左・・・。
相方の後ろをぴったりびっちり追いかけて来るのではないけど、ゆっくりとでも確実にジワジワと亀車は相方を追いかけてくるのです。
相方は怖くなって最寄のコンビニに停車。
すると、亀車もコンビニに停車。
相方は車から出ないでいると亀車も車から出てこない・・・明らかにコンビニで買い物する気がない二台・・・。
相方はこれはさすがに追いかけられてると思い、110番に電話しました。
警察の方はもっと明るい町の方に移動した方が良いと言ってくれ、相方は警察の言う通りに繁華街に進みます。
亀車も不本意ながら同行・・・。
しかし、相方が普段なら絶対に止めないような、いわゆる止めちゃいけない場所に車を止めると最初は亀車も止まろうとしたんですが、亀車が止まると大渋滞が起こりそうなので亀車は渋々相方を追い越して去っていきました。
その後、警察の方が相方の元に駆けつけてくれました。
何をされる訳ではないけど確実に自分の後を追いかけてきた事、相方は追いかけられる身に覚えが思い当たらない事を警察に説明。
三人いた警察の歳とった人は、
「直接的な事(つまり罵声をかけられたり、暴力をふるわれた、車に危害を加えた)された訳じゃないんだからねぇ」
と相方の話にあまり感心を示さない。
しかし、他の若い二人の警察官は、相方の話を親身に聞いてくれた。



結局のところ、亀車の意図は一向に分からない。
相方は今でも、いや、むしろ今の方が怯えている。
自分には、亀車に恨まれる覚えは今でも思いつかないが何かが合ったから亀車はあんな行動をしたのだろう。
亀車がまた相方を見つけて、何か嫌がらせしてきたらどうしよう・・・と。
殺されたらどうしようと・・・。
精神的に限界に近い・・・というメールを相方から今日受け取った私は亀車より相方が怖い。
相方が苦しんで、落ち込んでいる姿を見るのぐらい苦痛な事がない・・・。
一体、亀車と相方の間に何が起こってしまったのだろう。
   



- | permalink | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

ちょっと恐いですねぇ〜^^;

世の中いろんな人間がいて...走行中に気に入らない走り方してるヤツがいると,,ピッタリくっついて嫌がらせしてくる暇人もかなりの数いますから,,そのたぐいの人間だったらよいですね!

最近は遠出しないので無くなりましたが..
麗華も何度かありますよ!
あんな時って。。恐くて車からは出られないですね。思いっきり飛ばして有料道路に入る寸前でフェイントかけて横道に入り。。後車はそのまま有料道路へ行くしかないよーにしてやったことがありました。
麗華 | 2009/08/04 11:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sake-eiga.jugem.jp/trackback/179
この記事に対するトラックバック
八つ墓村 DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「八つ墓村 DS」へ!
八つ墓村 DS | 八つ墓村 DS | 2009/08/04 2:27 AM
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策