酒と映画とケンカの日々

日々の生活を趣味である酒や映画等の話題を織り交ぜながら綴りたいと思います
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 私は風船 | main | 女三人集まれば・・・ >>

母VS娘 再び

 いや〜、この頃、平穏無事に過ごせていました。
何事もないのがこの上なく幸せですねぇ。
・・・しかし、私は何かに悩んだり、怒ったりしないと文章が書けない性だという事がこの頃判明しました。
何事も無く平和だと書く事がなーい・・・。
つまり、私は相方や周りの人の悪口書いてばっかいるんですな、あ〜恥かしい。
しかし、「何か起きないかしら・・・私の外側で。」と実に自己中心的な事を考えていたら、
起こりました!起こりました!我が愛しの姑とその娘さんの間に!
先日、いつもの様に姑とメールのやり取りをしておりました。
すると、こんな内容が姑から送られて来ました。
「けろりんちゃん・・・娘にお母さんは自殺する典型的なタイプだねと言われました。悲しいですよ・・・号泣。」
普段、姑の文章は絵文字やどちらかというと抽象的な言葉使いの内容が多いのですが、このメールは一切絵文字無しで簡潔な文章。
それだけ、姑のショックは大きかったという事なのかもしれません。
しかし、娘さんは本当にクールビューティーというか何というか・・・。
いつもの様に娘さんが何でこのような発言をしたかは私には分かりません。
何かしら、きちんとした理由が娘さんの中であって、姑の事を想って放った言葉なんだとは思います。
もちろん、姑は私の目から見たら自殺しない典型的なタイプだと思います。
娘さんも心からそう思って放った言葉だとは思いません。
多分、お母さんである姑に「そんな考え方ばっかりしてたら自分自身を苦しめるだけだよ!自分だけが世界で一番不幸だなんて思っちゃダメ!!」と言う想いから出た言葉なのではないでしょうか。
しかし、娘さんの意に反して(もしかしたら、娘さんは姑が自分の言葉をどう受け止めようが関係ないのかも知れませんが)、姑はひたすら、傷付く訳です。
姑は、「何が一番悲しいかって、血が半分でも同じなら無条件の慰めや同情が場面場面にあっても良いのに、それが娘からは一切感じられない・・・」と言うのです。
何か、相方と私みたいな関係なんですよね。
相方も娘さんのお兄ちゃんだけあって、非常に厳しい人。
上辺だけの優しさや慰めは良しとしない人です。
この兄にこの妹って感じですよ。
私も相方の心のこもった厳しい言葉に「感謝」の思いより、「くやぢい〜」という思いを抱いてしまう事も多々あります。
えてして、こういう風に人に厳しい態度取る人は逆に厳しい態度取られるとものすごく脆い人が多いです。
データは相方のみですけど。
娘さんもそうなんじゃないかなぁと思います。
いずれにせよ、なんだかんだ言っても、正に姑が言うように「血が半分でも同じ」二人の事ですから、私も深刻には心配してないんですが。
それにしても、相変わらずの娘さんのサクっと切れるナイフのような言葉に何となく感動さえ覚えてしまいます。
もちろん、姑の様に言われる立場に立ったら、たまったもんじゃありませんが。
私には、そこまでの切れるナイフのような言葉を生み出すボキャブラリーがないので。
でも、一番冷たいのは、そんな二人の様子を書く事のネタにしている、この私なんですよね。
姑さん、娘さん、ネタにして本当にごめんなさい。
  


麗華様、またまた真心のこもったコメントありがとうございます。
ほんと、麗華様の言う通り、分からなくて当然なんですよね。
私が相方の気持ちを分かりたいと思うのは相方の為というより、自分の為だったんです。
相方の気持ちが分かれば、どのようにすれば相方に起こられなくて済むかも自ずと分かるんじゃないかと・・・
こういう性格だから、相方に叱られちゃうんでしょうね。

- | permalink | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

ぷ〜〜〜〜〜っっ・・・・(失礼)!
またまた。。可笑しいで〜〜す! (~o~)/
この。。お姑さん話ばなしを....待っておりましたぁ〜
いやぁ〜素晴らしい〜そのお嬢さまも。。。
なんだか...うちの母と姉を見ているよーで。。。前から惹かれていたのかもしれないと。。。今、気がつきました(^_^;)
麗華はずっと離れた土地で暮らしているので近距離で暮らしている母娘をたまにしか見たことがありません。二十数年前。。。理由は忘れてしまいましたが,,母がその当時一緒に住んでいた姉に....「今...死んでやるから覚えておきな〜。」って言って。。。足早に家を出て行こうとした事があったんです!わたしは帰省して帰ってきたばかりでわけがわかりません^^;
その時姉は。。。母の腕を掴んで...「何処行こうってゆうのぉ〜やめてぇ〜!」って引き止めていたんですね。それを見て麗華は可笑しくなって。。姉に「行かせてやれば良かったのにぃ〜」って言ってしまって...かなり怒られた思い出があります-_-;
わたしは。。。母が自殺なんて死んでもしない人間だと思っているから言った言葉なのに姉は怒った!!!
母と姉の間には。。。わたしが入り込めない絆がきっとあるんだとその時確信しました!
距離が近いから喧嘩してしまう。
それは。。。どうしようも無いことです!
離れていれば..ちょっとヤダなぁ〜って思ってもすぐ別れるんだから合わせられますものね〜〜!
夫婦の場合も距離が近〜いから。。相方の嫌な部分だけが目に入ってしまうんですね〜〜
でも。。夫婦になれたって事は最初から。。相性ピッタリだったからなれたんですよねぇ〜♪
他の人だったら許せない事も...この人は許せた〜時代があったはずですよね〜〜&#9835;&#9836;










麗華 | 2009/08/27 8:50 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sake-eiga.jugem.jp/trackback/184
この記事に対するトラックバック
八つ墓村 DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「八つ墓村 DS」へ!
八つ墓村 DS | 八つ墓村 DS | 2009/08/27 1:06 AM
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策