酒と映画とケンカの日々

日々の生活を趣味である酒や映画等の話題を織り交ぜながら綴りたいと思います
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 今年もあの母娘が・・・ | main | 賭け >>

言葉の無力さ

年が明けてから相方は仕事であまり良い目にあっていない。
うんざりする程のヤル気の無さ・・・。
うんざりする程の人間関係・・・。
うんざりする程の自分の無力さ・・・。
もともと、器用な相方がうまく仕事をこなせない事に焦っているようだ。
私みたいに「出来なくて当たり前」みたいな肝の据わったダメ人間では無い相方は自分がこんなに仕事が出来ない人間なのか!!とビックリしているのだろう。
私からすると「やっと私の気持ちが分かるようになったね」なんて気持ちになる。
だって、相方は私に結構厳しい。
運転の仕方だって、姑の嫁いびりみたいに意地悪に厳しい。
出来ない私を見て、軽蔑した眼差しで
「仕方ないとしか言い様がない!!」
と冷たく言い放った事も何度かある。
そんな厳しい上司のような相方と接している私からすると現在置かれている相方の立場なんぞ痛くも痒くもない。
でも、優等生の弱さなのか相方はかなり落ち込んでいる。
本音としては、
「あんた、落ち込んでるけど私にもっとキツイ態度してるからね」
と言いたい。
でも言っちゃいけない事もさすがに分かる。
何とか、励まそうと思うのだがうまい言葉など見つかるはずもない。
そんな落ち込んでいる相方に愛犬はベッタリとくっつく。
愛犬は人も言葉を持たない。
でも、人の言葉や気持ちを人よりも見抜くように思える。
言葉が話せない分、自分の体温で相方の落ち込んだ心を温める。
そんな愛犬の温もりを感じて相方は癒されるのだ。
こんな時、下手に言葉を話す人間である自分が愚かしく感じる。
言葉じゃないんだよ
そう愛犬に教えてもらったような気さえする。
下手に言葉でその場を取り繕ろうとする自分を改めなきゃね。
相方を慰めてくれてありがとう。
私に言葉の無力さを教えてくれてありがとう。
側に居てくれてありがとう・・・愛犬よ。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sake-eiga.jugem.jp/trackback/212
この記事に対するトラックバック
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策