酒と映画とケンカの日々

日々の生活を趣味である酒や映画等の話題を織り交ぜながら綴りたいと思います
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

手術を終えて 3

 手術前日に私と相方はちょっとした意思の疎通を欠き、険悪なムードになってしまいました。
私は、何とか私なりの気持ちを相方に伝えて、そして謝罪しました・・・。
しかし、いくら謝罪しても相方を私を見ず、言葉も発してはくれない。
私という存在を完璧に無視している。
どうして、そこまで残酷に正直に私に怒りを表現できるのだろう。
事は大切な大切な愛犬の命に関わる事だというのは私だって分かっているつもりだ。
だから、私は謝った。
でも、相方は私に謝る事さえ許してくれないのだ。
私は、一体相方の何なのか・・・。
なんでも言う事をニコニコ聞いていなければいけないのか。
相方が理想とする態度を私がしないから相方は私に頭に来るのか。
私は決めた。
愛犬の手術が無事終わったら、相方に愛犬を渡して私は家を出よう。
本当は愛犬を手放すなんて辛いが結局の所、愛犬は相方のものなのだ。
こんなに私は自分の気持ちを伝え、自分の態度を謝罪し、相方の言う通りにすると誓ったのに
相方は私を許さないのだ。
相方の側に私が居る資格も必要も無いではないか・・・。
私は!私は!と自分の態度を肯定しているようで情けないがその時は本当にそう思った。
出て行こうと・・・。
そして、手術当日の朝。
まだ、私と相方の態度はよそよそしい。
いよいよ私は家を出る決意が固まっていく。
もう、謝るのもいやになっていた。
謝って無視されるのはウンザリだった。
こんなに謝ってるのに・・・と思う自分にも腹が立つし。
卑屈になって、相方のご機嫌伺いばかりしたくなかった。
相方も大切な愛犬でのケンカだから、きっと私を許さないだろうとも思った。
さようなら、相方。
手術は必ず成功するよ、愛犬。
相方と愛犬よ、幸せであれ・・・。
真剣にそう思った。
そんな時に、
「昨日はごめん。今日は愛犬の事、よろしくお願いします。」
と予想もしない殊勝な言葉が相方から飛び出してきた。
バックに詰め込まれた愛犬は、何事が始まるのかとようやく今日の大変さに気付いたようにブルブルと震えていた手術当日の朝だったのでした。
つづく



- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

手術を終えて 2

 話を手術前日に戻します。
相方がなにやらネットで避妊手術について調べていました。
ナンだかイヤ〜な予感がします。
「大変だ!!大変だ!!」
と騒ぎ出す相方。
ネットで避妊手術について調べたら怖い話ばっかり目に入って来たのです。
そりゃ、そうだ。
意識して相方は手術のリスクを探してるんだから。
そして、私に言うんです。
「手術して大丈夫かな。どうしよう・・・どうしよう・・・」
そして、私に
「明日、先生に聞いてみて欲しい事があるからメモして!!」
と言って来ました。
私はこの相方の態度にあからさまにゲンナリしてしまいました・・・。
なんで、前日になってバタバタ騒ぎ出すんだよ。
そんな私の様子に相方は怒り心頭。
「俺は仕事で病院に行けないんだからあなたに聞いてもらうしかないんだよ!!」
と言ってくる。
果たして、本当にそうか?
相方はいつも私に
「あれ、電話して聞いて!」
と指示する。
私に電話して指示する時もある。
私から言わせれば私に電話する暇があったら自分で電話して聞けるでしょうが。
自分で聞くの嫌だから私に頼むんだ。
今回の手術の事だって、手術するかどうかの段階で調べて先生と相談して手術しましょう・・・って動きだって十分作れたはずだ。
それを前日になってから、やれ大変だと騒がれてもね。
それに聞いて、先生の答えを知ってそれから先は私一人の判断になってしまう。
先生の答えいかんのよっては手術を拒否しなければならなくなる。
その責任を負うのが正直怖かった。
相方は愛犬愛しさで焦り、私も愛犬愛しさで自分の自己判断が怖くなった。
相方は、私が質問するのを嫌がってると思い込み怒っている。
私は、答えいかんによっては手術をすべきかどうかを一人で決めなければならなくなる事を分かってもくれずに質問する事を嫌がってると思い込んでる相方に頭に来た。
そんな事など知らずに無邪気な愛犬の姿が愛おしく、切なかった手術前日だったのです。
つづく

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

手術を終えて

12月16日に我が愛しの愛犬の避妊手術をしました。
生後六ヶ月での避妊手術はちと早かったかもしれません。
でもね、我が家の愛犬はチワワとしてはビック・ボディの持ち主でして。
人間でも大柄な子は結構発育が良いでしょ。
犬もそうなんだって。
チワワは、六ヶ月から八ヶ月辺りで初潮を迎える子が多いそうで先生は来年の1月か2月辺りでも大丈夫では・・・
と仰ってくださいましたが、 何となくそれでは初潮が来てしまう予感が相方と私はしたので早めに手術してもらう事にしました。
しかし・・・
避妊手術は本当に迷いました。
愛猫を飼っていた時は、愛猫はオスで去勢手術をしました。
そん時は全然迷いはなかった。
だって、初めてのサカリが来て、愛猫は夜中の2時まで帰ってこず、帰って来たと思ったら血だらけだったんだもん。
体を見てみると碁盤の目の様な無数の傷がいっぱい!!
こんな痛いサカリを毎年過ごしていたら愛猫も飼い主である私達もキツイと思い、あっさり手術してもらいました。
でもね、愛犬はメス。
メスの場合は当たり前だけど開腹手術だからオスよりもおおがかりな手術なんですよね・・・。
我が家では、基本的に家飼いにするつもりだから妊娠する可能性は無い。
だから、最初は避妊は必要ないと思ってたんです。
そりゃ、避妊すれば乳がんや子宮がんやその部分に伴う病気になる可能性がゼロになります。
でもさ、絶対に乳がんや子宮がんになるか分かんないのになる可能性の為に子宮取っちゃうってどうよ!!って相方が言ってね。
それより、手術におけるリスクで愛犬に何かあったらどうすんのよ!!って相方が言ってね。
あんた、がんになりたくないから乳房や子宮をがんになる前から取れる??って相方が言ってね。
・・・仰る通り。
私は元に乳房も子宮も取ってない。
自分がしたくない事を愛犬にさせるのは嫌かな・・・そうも思いました。
でも、よくよく調べてみると犬の乳がんや子宮の病気の発生率ってビックリする程高いそうです。
避妊しなければ50パーセントの確率でそれらの病気に罹るって。
そうなったら、話は変わってきます。
やっぱり、手術しよう・・・
愛犬には辛い思いさせちゃうけど、それでもやっぱり手術をしよう・・・そう相方と決めました。
手術する事を何にも知らない愛犬はピョンピョン飛び跳ねて、甘えて、無邪気。
その無邪気さを眺めていると私と相方の勝手な決断で愛犬の体を改造してしまう事への罪悪感が沸いて来て、涙が流れました。
万が一、手術が失敗したらどうしよう・・・
もし、愛犬の命が失われたら・・・私達夫婦はきっと壊れてしまうだろう・・・そう覚悟も決めていました。
そして、いよいよ手術当日を迎えるのでありました。
つづく


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

憎悪を消す方法

今日もまたしても我が愛しの姑ネタです。
先日、姑から電話を頂きました。
以前にも書いた事ですが、姑はバツイチです。
蛇足ではありますが、私もそうです。
そんな似た境遇が私と姑に仲間意識のような感情を作らせているのでしょう。
そして、姑は私の尋ねるのです。
「ねぇ、けろりんちゃん。
別れた人の事、思い出す事ある?」
私は、
「ありますよ。
ただ、思い出すのは悔しかった事とか嫌な事だけですけどね。」
姑、
「そうよね、思い出すよね。
私が今でも別れた奴に憎いという感情いだいちゃうのはいけない事かな?」
そう尋ねてくるのです。
姑の結婚生活は中々バイオレンスなものだったらしく、もし離婚していなければ今頃は殺されていたか、自身が精神異常になっていただろう・・・
と姑は語るのです。
思い出すと今でも涙が出てくると電話越しに涙声で話してきます。
自分のプライドを粉々に打ち砕かれ、しかも自分の子供には慰謝料を一銭も寄こさないという別れた夫に今でも沸々と憎悪の感情がマグマの如く流れ溢れてくるのです。
「子供達にとっては、実の父親のなる人の事だからこんな憎い!なんて話は出来ない。
けろりんちゃんにしか話せないの・・・。」
と姑は言って下さいます。
でもね。
結構、子供達の前でも別れた御主人の悪口言ってますよ、あなた・・・
そんな話すると子供達が機嫌悪くするから話せなくなってきたんじゃない?
なんて、いじわるな事を考えもしました。
どうしても、子供達と姑の間で分かり合えない感情がここにあります。
姑は、父親の悪口を言うから子供達が機嫌悪くする・・・そう思っています。
そうじゃ、ないんですよ。
そうじゃなくて、もう別れて姑は一人の女になれたんです。
暴力的で高圧的だった夫から離れて、一人の女になれたんです。
確かに、女が一人になるのは大変な事です。
経済的に相当苦労しましたよね。
でもね、一番恐れていた男から離れて生きているのです。
自由なのです。
その自由を姑は命がけで手にしたものじゃありませんか。
その自由を手にしたのだから、今更別れた夫の事で心痛める必要ないじゃないの・・・。
なんで、いまさら別れた夫の仕事がうまく行ってると面白くないと悔しがるのよ・・・。
そんなに自分を苦しめてどうすんのよ・・・。
そう子供達は思っているんですよ。
だから、うんざりしてがっかりしてあなたの話を笑顔で応えられなくなるのです。
子供達はあなたに笑顔でいて欲しいんです。
これからは誰の為でもない、自分の為の人生を送って欲しいのです。
いつまでも憎悪にふける時間を作って欲しくないのです。
でも。
でもね。
姑も分かっているんです。
分かっていながらも憎悪を消す事ができないのです。
一番、そんな憎悪という感情を忘れたくて仕方ないのは姑自身に他ならないのです。
そして、姑は私に聞くのです。
「どうしたら、この感情を消す事が出来る?」
私は、
「一生、憎悪を消す事は出来ないかもしれません。
人間ですもの。
霞食ってる仙人とは違いますから。
でもね、今、お義母さんが苦しんでいらっしゃる憎悪は過去への事です。
今現在の憎悪ではないのです。
そこに救いを見出してはいかがでしょうか。
昔の辛かった事を散々思い出して、最後にあんな男と別れて本当に良かったと思えば良いのでは?」
と答えるしか出来ませんでした・・・。
憎悪を消す方法があったら、ノーベル賞ものですかね・・・。

- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

運の悪い女

 今朝、我が愛しの姑から電話が来ました。
いつも、メールのやりとりか携帯電話からなのに今日は一般電話から電話が来ました。
開口一番、
「けろりんちゃん、携帯電話が動かなくなっちゃった!!
どうしよう。」
と言ってきた・・・。
それは大変お気の毒様です・・・。
でもね、私は電気技術者じゃないので、そう言われてもね・・・と正直思いました。
「携帯電話を買ったショップに行ってみては如何でしょうか?」
と当たり障りのない返事しか出来ない。
すると、姑もそんな私の返事など百も承知だからだろう、完全スルーして来た。
「携帯の画面が真っ暗になって、どのボタン押してもうんともすんとも言わないのよ!!
けろりんちゃん、こんな事経験ある?
私は運がわるいなぁ〜!本当に運が悪い。
この携帯買ったのいつだっけ?
確か、今年だよね?
一年も経たない内に壊れるなんて事ある?
あ〜あ、本当に私は運が悪い。」
とやたらと御自分の運の悪さを強調してくる。
「私も似たような経験ありますよ。再起動したら直りましたけど。
携帯って、結構動かなくなる事ありますよね。」
と運がやたらと悪いのは姑だけじゃないよと慰めるつもりで言ったのだが、
「けろりんちゃんは再起動できたんでしょ!
私はうんともすんともしないの!!」
とお前如きの不運と一緒にするなといわんばかりの勢いで返された。
確かにそうですね・・・
そう答えるしかない私。
そして、散々携帯が動かない事をニ往復くらい繰り返し聞かされ、
「お店って何時に開くか分かる?
調べてもらえる?」
と言ってきた・・・。
少しカチン。
自分で調べたらいいじゃん・・・そう思ってしまうのは私が嫁という立場で意地悪な性格だからかもしれない。
調べるなんてまっぴらごめんだったので、
「大概、9時か10時には開店するんじゃないですかね?」
と適当に言ってしまった。
調べてあげれば良かったんだろうけどね、ごめんなさい。
最終的に姑はお店に電話してみます・・・って事で電話を切った。
それから、10分もしない内に姑からメールが届いた。
動かないと騒いでいた携帯から・・・。
「けろりんちゃん、しばらくいじってたら携帯が元に戻りました。
御心配おかけしてごめんなさい。
しかし、こんな不良品の携帯掴まされた私ってつくづく運が悪いなぁ〜と思いました。」
どこまで行っても「運が悪いと思いたい女」だな・・・そう思ってしまう私は、
「いじわるな女」である。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ドSと時々SとドM

 さて、ちょっと刺激的なタイトルですがここで登場するSMは皆さんの御想像通りのサドとマゾの事であります。
我が家には、ドSと時々SとドMが居るのです。
ドSは、言わずと知れた我が愛しの相方。
この人、本当にドS!!
例えば、物を取って欲しい時に
「○○取ってくれる?」
と言ってくれれば良いものを
「それ、取って!!」
とナンだか怒り口調。
しかも、何を取って欲しいのかがさっぱり分からない。
私が
「何を取れば良いの?」
と聞くと
内心ニヤリとして、
「そんな事も言わないと分かんないの、何年夫婦やってんのよ」
と私を責めて楽しんでる・・・。
これで私が相方と同じドSだったら大変な事になるぞ。
「はぁ〜?己が取ってほしいもんぐらい己でとらんかい!!
なんでわしが己如きの虫けらに無駄なエネルギー使わなきゃならんのじゃ、ボケ!カス!!」
と言って殺し合いになる事だろう・・・。
相方が私だったら絶対に相方の態度や言動に耐える事なんか出来ない。


そして、時々Sは我が愛しの愛犬である。
愛犬は相方に対してはドMだ。
どんなに叱られてもシッポを振って相方に寄り添い、嬉々としている。
相方の手は決して齧らないし、相方の前ではいたずらもしない。
相方に叱られるとすぐに降参して生きたぬいぐるみの様に大人しくなる。
二人は理想的な関係だ。
しかし、私に対する愛犬はSである。
突進して手は齧ってくるは足は齧るは、いたずらもしてくる。
先日、電気スイッチをカジカジと愛犬が齧るので私は叱った。
しかし、考えて見ると私がその場にいない時はその電気スイッチをカジカジしないのだ。
私がその場に居る時に目の前でわざわざカジカジと齧るのである!!
その悪戯をしている時の愛犬の顔ときたら・・・
相方が私をいたぶっている時の表情と同じではないか・・・。
私は愕然とする。
愛犬にまでSの態度を取られる私は一体何なんだ?

そうです・・・ドMは私の事です。
でも、不幸なドMだ。
なぜなら、キツイ態度や言動をされて、それを「喜び」として受け入れる事が出来ない。
心の中では相方を
「おのれ、いつかこの悔しさ、惨めさをお前に味わわせてやる!!
お前が寝たきり老人になったら世話なんかしてやらんぞ!!」
と罵っている。
愛犬みたいに幸福なMになれれば良いのに・・・そう思う今日この頃であります。




- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

遅くなりました 2

 やっと、愛犬の画像を上げる事ができました。
でも、ピンボケ写真もあげちゃいました。
なんか、ピンボケだけど可愛くて・・・。
先日、病院に行ったら、先生に
「生後4ヶ月とは思えない大きさですね。
成犬並みの大きさですよ。」
と言われて、ちょっと嬉しい私です。
実家で飼っていた愛猫もビックボディの持ち主でした。
私と暮らしてくれるペット達はビックサイズできっと長生きしてくれるはずだ・・・
そう思えて。
さて、麗華様!
麗華様の御想像の愛犬と同じでしょうか?
それとも違ったかな?
これからも飼い主バカよろしく、愛犬の画像あげられたら良いなと考えています。
それから、麗華様。
いつも、丁寧な心の篭ったコメントありがとうございます。
特に、姑の相方の愚痴をあえて聞かない姿勢は麗華様の言う通りなのかも。
私もそう思ったんです。
だって、あえて聞かない様にしてないとしたら全く人の話聞けない人ですもん!!姑が。
そんなに人の話聞けない人のはずないんじゃないか・・・。
というか、麗華様の言う通りの気持ちであってほしいと願っている私だったりして。
でもね・・・、こんな事を言っては何ですが「不思議ちゃん」ですからね、姑は。
こちらの考えも及ばない様な行動や発想をする人なので。
まぁ、正直者の融通の利かないアホな私は姑と相方の言動にオロオロするばかりの毎日です。
ほんと・・・振り回されてるんですね、私。
たまには、二人を振り回してみたいけど自分大好きっこの二人には私の事で振舞わされるなんてまず有り得ないでしょうね。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

遅くなりました

 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

訴える息子と分かれない母 2

 姑からの驚くべき内容のメールとは・・・。
「けろりんちゃん、息子のストレスの原因って一体なんですか?」
というものだった・・・。
あれ?
この前、相方が朗々とストレスについて語ってなかったっけ?
それとも、語っていたように聞こえたのは私だけだったのかしら?
でも、相方は、
「このままじゃ、自殺してもおかしくない精神状態だ!」
って姑に言ってた気がするけどなぁ・・・。
そこで、私は相方が先日言ったはずのストレスについてもう一度説明する内容のメールをおくりました。
メールの内容を簡単に説明すると
「朝早くから夜遅くまで仕事に時間費やして自分の為の時間が無いのが虚しい。」
「やりがいのある仕事ならまだ耐えられるが今の仕事は食べていく為だけでしているだけ。だから、やりきれない」
「このまま、たった一度の自分の人生が終わって行くのかと思うと切なくて虚しくてたまらない」
「自分のやりがいを見つけたいが見つからない」
「なにか自分にとってのやりがいのある仕事を見つけたいし始めたい。年齢的に時間がないから焦る」
「でも、見つからない・・・。」
とざっとこんなもんです。
すると、姑からメールの返事が返って来ました。
「正直、息子の悩みが私には?です。
男の人にとって、そして家庭を守る人にとって人生ってそういうものでしょう?
朝から晩まで仕事してお金稼いで家族を養っていくものでしょう?
それが一家の大黒柱の役割ってもんでしょう?
息子は毎月お給料が貰えてボーナスも貰えるという今のご時世では待遇の良い会社に勤められてるのを幸運だと思わないと。」
と姑には珍しく明瞭な文章だった・・・。
正直、今回の姑の意見は私側から解釈したらごもっともである。
リストラだと騒がれてる昨今、残業で忙しい思いしているのは恵まれてると思って良いのではないだろうか。
働きたくても働けない人が多いんだから・・・。
でも、相方側から見てみると自分の人生を惰性の連続で生きて行って良いのか・・・と疑問に感じるのも分かる気もする。
人として男として、やりがいのある仕事をしたい・・・
そう思う事を私は甘ったれたわがままだとも言い切れなかった。
私だってふっと思う時がある・・・
「自分の人生、このままで良いのかな?」
って。
確かに、相方は私や愛犬という家族を支える重荷を背負っている。
だから、自分のやりたい事を見つける為に今の仕事辞めます!なんて今言われたら私は本当のところ、困ってしまう。
そして、相方に100パーセント依存している自分に相方と同じように
「このままで良いのか?私。」
と思ってしまう。
「私に任せなさい!あなたは何にも生活心配ぜずに自分探しの旅に出なさい!!」
と言ってあげられるだけの甲斐性があったなら・・・。
私に相方を安心させるだけの金を稼ぐだけの甲斐性があったなら・・・。
私も相方も甘ったれなんですね。
相方の悩みも姑みたいに悩みの内に入んないと思われても仕方ないし、私の悩みも努力もせず悩んでるだけなんて馬鹿みたい!と思われても仕方ない話です。
しかし。
それにしても。
姑にとっては相方に悩みは悩みの内に入らないのは分かるけど、一応話しの筋としてドライブの時に相方はしっかりストレスの事を話したはずだ。
それを聞いてなかったから
「ストレスの原因って何?」
と言ったのだろうか?
それとも、聞いていたけどまさかそんなつまらない事がストレスの原因だなんて思いもしなくて、
「ストレスの原因って何?」
と言ったのだろうか?
どちらにしても、いつも何かにつけてクヨクヨして「私ばっかり辛い思いしている」と嘆いている姑がビックリする程にドライな意見を言ってきた事に私はいささかビックリしました。
今回の姑の意見は決して独りよがりじゃないし、一般的な正しい意見だし、私の立場にはありがたい意見ではある。
そうではあるが、いつもの何かにつけて私ばっかり辛い思いして・・・と主張している人の意見としては、ちょっと相方にたいして人事すぎやしないか?
なんて思えてしまった。
せめて、
「息子の気持ちも分かるけど・・・」
位の言葉は出てくると思ったんだけど。


そして、相方はと言うと。
「その後、お袋から何か言ってきた?」
と聞かれ、ドキドキしながら、
「心配してるよ。少しでも力になってあげたいけど、どうしてあげたら良いか方法が見つからないのが申し訳ないって。」
と嘘をついた。
すると、相方は
「結局、お袋にとっては人事なんだな。人なんて当てにならない!」
と悪態をつく。
・・・あんた、自分で解決できない事をなんで人が解決できんじゃい!!
と私は内心思った。
どうも、この親子の考え方は私如きの凡人には理解しがたい。
そして、面倒臭い・・・。


- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

訴える息子と分かれない母

 先月の話です。
愛犬のお披露目がしたくて相方の実家に伺いました。
その頃の相方は、万年病の真っ只中で「会社辞めたい病」に陥っておりました。
今でも陥っていますけどね・・・。
そして、会社のストレスでいつ自殺してもおかしくない!!って声高々に周りに訴える訳です。
ここで、相方の特徴を一つ紹介しましょう。
相方は自分の苦しみ・・・肉体的な事にしろ精神的な事にしろ・・・を内に隠さずに訴える性格です。
私に訴えるのは分かるけど、遠く離れた母である姑にも訴えます。
しかも、めんどくさい事に相方は、私に
「メールで俺が仕事のストレスで今にも自殺しそうだってお袋に伝えといてくれた?」
なんて言ってる。
私の発想からすると親には本当にギリギリまで悩みは言えない・・・
一緒に住んでるなら隠そうにも隠せないだろうけど離れて暮らす親に子供は自殺しそうな程に悩んでます!なんて心配かけるだけだから言いたくない。
そこが相方は、「言って!言って!」とせがむんです。
母親に心配してもらいたい甘えん坊なんですかね・・・男の子って。
そんな感じで姑にはそれとなく相方の精神状態をメールで伝える日々を送っていました。
しかし、この姑のスゴイ所はメールに自分の辛さを訴えても相方の状況を心配する言葉があまり返って来ないんです。
「けろりんちゃんも大変ですね。息子には何とか目標を見つけてほしいものです」
ってな感じで私を労わってくださるのは非常にありがたいが相方に対しては思いのほか、アッサリテイスト。
まぁね、何か言ってやるにも難しいよね。
頑張れってこういう場合言うもんじゃないんでしょ、一般的に。
心配しながらもかける言葉が難しいからアッサリテイストにならざる得ないのかなと私は思いました。


で、話を戻しますと。
相方の実家に到着後、相方運転で姑、妹さん、おじいちゃん達と軽くドライブしました。
その車中で相方は今自分が抱えているストレスを朗々と語りました。
「朝、早くから出かけて帰って来るのは9時過ぎ。家に着いたら慌しく飯を食べて、疲れて何にもする気も起きずにバタンキュー。
自分にとってやりがいのある仕事ならそれでも耐えられるけどそうじゃない。
食べて為!ただそれだけの為に1日の大半をいやいや仕事に費やしてる。
自分の人生、それで終わっちゃっていいのか?って不安になる。
何かを始めるにしても年齢的に今がタイムリミットじゃなかろうか!!
でも、何がやりたいか見つけられないから苦しんでる・・・。」
隣に座っている姑は、
「あっ!あそこにりんご安く売ってるみたい。ちょっと、行ってみてくれる?」
と相方の話に完全スルー。
たまに、
「うん、うん、そうなんだ。残業大変だね」
くらいは言ってくれますが車窓の景色を楽しんで次々に姑の目にうつる気になる事を質問攻めする。
「あれは一体何?」
「なんであんな事するんだろう?」
なんて感じに。
段々、相方は口数が減ってきました。
言う事に空しさを覚えたからでしょう。

そして、数日後に姑から驚くべき内容のメールが送られてくるのです。


つづく

- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策